秘密基地Collegeとは?

・自分の大学だけでは幅広い分野が学べない。
・大学の枠を越えて様々な人と議論がしたい。
・授業は大講義。でもスポーツでもプロジェクトでもなく、学びたい。

秘密基地Collegeは、そんな人のための秘密基地です。


秘密基地Collegeは「大学生がつくる、大学生のための、市民大学」を目指します。

C.H.ハスキンズの『大学の起源』によると、そもそも大学は「人々でつくられて」いたもので、そこには、私たちに馴染み深い教室や図書館や卒業証書はありませんでした。「人々の学ぶ熱意と意欲」が高まって、大学が自然発生したというのが正しい表現だとも言えます。実際、Universityというのは「組合(ギルド)」を示す言葉でした。そして、そのUniversityにおける最初の確立した大学生活の場所がCollege(学寮)でした。そのため、近代に至るまで、大学の基本構成要素は、教室、図書館、そして学生寮だと理解されています。
また、近代においても、例えばイギリスの大学におけるCollegeのSociety、アメリカのUniversityのCommitteeに学生代表を派遣する寮自治の役割など、学生が学びの主体として有機的に連合し、先輩から後輩への学びの伝授、および同級生同士での学びが組織的に行われています。
秘密基地Collegeは、日本の大学ではなく、大学生活を変えるため、小さな風穴をあけることに全力を尽くします。

学問をしたい。科学の面白さを探究したい。もっと広く様々な知見に触れたい。でも、そんな場所がない!
秘密基地Collegeはそんな想いを持つ人でできた市民大学です。東大生を中心とする大学生によって運営され、哲学から統計学、芸術まで様々な分野の学びに触れることができます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中